今回の渡航でも多くのベトナム料理と出会えることができました。
 
皆さんはベトナム料理と言うと、定番のフォーや春巻き、炒め物などを思い浮かべるかもしれません。
 
ですがベトナムの冬を代表する食文化の中に、鍋料理があります。
 
海鮮鍋や野菜鍋、日本のしゃぶしゃぶに似た鍋、鶏のモツや豚のモツを入れた鍋など、種類もとても豊富です。
 
しかし日本の様にポン酢やゴマダレと言った後から味を入れる嗜好は内容で、最初のスープにしっかりと味が付いています。
 
その中に野菜や具材を入れスープと一緒に楽しむ料理です。
 
香草や辛味なども入っていますが、決してエスニックではなく、かと言って味が足りないでもなく、絶妙な味が引き出されています。
 
その中に今回の目的の一つでもあった「きのこ鍋」との出会いがありました。
 
仕上がったスープに色々なきのこや野菜を入れて食べる料理なのですが、このスープに和食を経験してきた私は感動させられました。
 
以前からベトナム料理の味には高い評価を持っていましたが、ベトナムにこれ程までに日本人の嗜好を感動させられる料理があるのか!
 
とある意味カルチャーショックにも似た感情を覚えました。
 
でも決して日本人向けのレストランではありません。
 
ピーク時には現地の人で一杯になるレストランです。
 
きのこもベトナムの素材ばかりではないそうですが、一つ一つが個性があり、初めて出会うものもあり、とても刺激的な時間を過ごすことができました。

  このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加
新橋焼肉カテゴリー: 焼肉職人達の独り言
新橋焼肉タグ: , , , , ,
 


Subscribes To This Post Rss Feeds Or Leave A Trackback
★コメントをどうぞ(反映されるまで少し時間がかかります)