「常陸風土記」にも記載されているように、理想郷のようだと謳われた肥沃な大地と豊かな穀倉地帯!

東側は太平洋に面して約80kmに及ぶ美しい海岸線をもつのが茨城県ですね。
 
天保3年(1832年)徳川斉昭公が現在の水戸市見川町に桜野牧を設け黒毛和牛を飼育した記録が残っています。
 
それから昭和51年に、「茨城県産牛銘柄確立推進協議会」が発足し、優秀な黒毛和種を「常陸牛」と命名しました。
 
肉の締まりやきめ、霜降りの度合い、色、光沢、脂肪の質、一頭の枝肉から取れる赤身の割合なども、非常に優れた銘柄牛として、高く評価されています。

  このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加  


Subscribes To This Post Rss Feeds Or Leave A Trackback
★コメントをどうぞ(反映されるまで少し時間がかかります)