銘柄牛、ブランド牛として有名な仙台牛を有する宮城県。
 
東北はやはり和牛の宝庫です。
 
宮城県の和牛の中でも、肉質等級(霜降りの品質など)が「5」に評価された黒毛和種のみが仙台牛と呼ばれます。
 
歴史は意外に浅く、昭和6年に、日本三大和牛の神戸ビーフでも有名な兵庫県から肉質向上のために種牛を導入し、改良を手がけたことが始まりのようです。
 
宮城県の良質な水と、日本を代表するお米ササニシキの稲わらが、高級和牛を育てるのに適した環境を作り出し、あの旨味たっぷりの霜降りが出来上がるようです。

  このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加  


Subscribes To This Post Rss Feeds Or Leave A Trackback
★コメントをどうぞ(反映されるまで少し時間がかかります)